個別コンサルのクライアントさんの新ビジネスのコンセプト決め

今僕はネットビジネスの新たな可能性を模索するべく、個別コンサルティングを実施している。

今日はそのクライアントさんの新ビジネスのコンセプトを決めるべくZOOMで打ち合わせをした。

その中で気づいたのは、本人は当たり前だと思っていることの中に、光る原石があるということ。

彼はとあるジャンルで新規ビジネスの柱を創るべく、リサーチをして悩みや提供されている商品や記事コンテンツを調べていた。

そこからコンセプトの原案を創ろうとしていたのだが、あまりしっくり来なかったために、僕はある質問を投げかけた。

「◯◯さんは、なぜそのジャンルでビジネスを始めようとしているのですか?」

この「なぜ?」をきっかけに、彼の原点とも言うべきコア(志)を聞くことができた。

それがなんとエッジの聞いた体験談で、まさにコンセプトの核になるような魅力的な言葉だったのだ。

どこにコンセプトのヒントが転がっているか分からないけど、今回はそのビジネスを始めるきっかけとなった体験に。

一般的なコンセプトの作り方では作れない、その人の体験に基づいたユニークなコンセプトが作れたのは非常に良い経験だった。

クライアントさんのこれからの活躍がありありとイメージできる素敵なコンセプトで、多くのファンが作れそうで楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です