わたしは目標設定が嫌いです

どうも年の瀬にピタゴラ三昧な玉置です。

年の瀬らしく、
一年の振り返りでもしようかなと思います。

BGMは
『子供達を責めないで / 伊武雅刀』



さて、
今年は2月にオンラインサロン「ピタゴラ八仙」を開設、
4月には初めてのクラウドファンディング挑戦
6月には某ミュージシャンのリリックビデオ撮影
8月にはHey!Say!JUMPのリリックビデオ撮影
10月には某キャラクターのピタゴラ制作のオファー
12月にはTV放映に向けたピタゴラ制作開始

こんな感じで、なぜか偶数月に大きなイベントが。笑
しかし、その裏に隠れている奇数月には重要な「準備」という作業がありました。

この世は、
陰陽の法則があり、
見えてるものは見えてないものに支えられています。

わたしたちは、
空氣がなければ生きていけないし
繋がりがなければ生きていけないし
感情がなければ生きている意味がないし、
思考がなければ生きている意味を見出せません。

これらは全て目に見えないものです。
それでも世界においての重要性は非常に大きいものです。

そう言った意味で、
目に見えない裏にあるものが実は重要です。

そんな中でいうと、
2021年は本当に「準備」のような年でした。

なので、
来年はさらに面白くなりそうな予感!


ーーー

さてさて、
表題の件です。

何を隠そう、
僕は目標設定が嫌いです。

保険の営業マンの時から、
上司には目標設定が大事だって言われて、
それがあたかも当然であり、当たり前であり、常識であるかのように生きて来ました。

ただし、
いつも目標達成できなかったり、
途中で目標を忘れたり・・・
うまく機能していませんでした。

それなのに、
疑うこともなくずっと目標を掲げて生きている中で
どんどん違和感が大きくなりました。

そして
あるとき、ポッキリ心が折れてしまったのです。

そんな時に出会ったのが「武学」であり、志体術でした。

志体術(こころざしたいじゅつ)では
主に志と禮法を使って人生を切り開いていくという生き方を学びました。

志とは人生の指針であり、
最も重要なこと、これを成し遂げたら喜んで死ねるという自分の人生の羅針盤です。

そして、その志成就のために、
自分の思考の枠を外して全ての情報から必要な情報を取り出すために必要なこと。

それが禮法です。
禮法とは「レイ」という響きに連想されるように、零になり、見えないエネルギー靈をコントロールする方法です。

見えないエネルギーというと何だか不思議ですが、
いわゆるスピリチュアル界隈で言われるような引き寄せの法則なんかでイメージすると分かりやすいかもしれません。

その引き寄せを確実に100%実体化させる方法が禮法です。

当時、
目標設定に疑問を持っていた僕は、
この志体術の生き方に魅せられました。

そして、
初めて自分の身体の内側から出した、生まれたての志だけを持って生き始めました。

その時の感動は忘れられません。

「目標設定しなくて良いんだ。」

そう思うと
急に生きやすくなったのを覚えています。

人はなぜ目標を設定するのでしょうか?
僕にはその本当の理由がわかりませんでした。
今でもわかりません。

生きているだけで、何がいけないのでしょうか?

もっとお金を稼ぐため
もっと良い暮らしをするため
もっと幸せになるため

もっと・・・

この「もっと」という欲から目標を設定することに違和感しかありません。

そうやって感じた違和感が、
今の生き方を導いてくれていることへの感謝はありますが、やっぱり自分のように生きづらさを感じている人にとっては、目標設定をしない生き方を提案したい。

実は今度のピタゴラ作品にはそんなメッセージをこめて行こうと思ってます。

 



生きたいように生きる。
今を100%全力で生きる。
それだけで良いんだ。

志だけ持って、
あとは自分をゼロに戻すことができれば
自ずと全て揃っていく・・

そんな生き方の体現者として
先頭を歩きながらより面白い世界を創り続けていく、
クリエイターであり創造主でありたい。

そんな生き様を
2022年はさらに洗練させて
世界をより面白くしていこうと思います。

2022年は玉置亮達2.0にバージョンアップします!

ということで、
玉置亮達に関わってくださった全ての皆様に感謝!
そして来年もよろしくお願いします。

長文お読みくださり
ありがとうございます。

それでは、
良いお年をお迎えください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です