なぜ洋服を着る?なぜ和服を着ない?

 

なぜ洋服を着るのか?
なぜ和服を着ないのか?

最近、ちょくちょく作務衣(和服)を着て出歩くことが増えてきて、考えることが多い。

僕は生まれてからずっと洋服をメインで着て育ってきた。

では・・・

「自分はなぜ洋服を着て生きてきたのか?」

西洋から入ってきた衣服だから洋服。
では、なぜそれを着ているのか?
そこに、まったく主体性がなかったことに氣付いた。

親から洋服を着せられ、いつの間にか洋服で出歩くことが普通になってきた。

そしてそれがいつしか無意識になる。
恐らく、日本人のそういった無意識の集合体が集合的無意識となり、洋服を着るという行為を無意識で行っている氣がする。

もちろん、そこに主体性はない。

これって、洗脳ではないのか。
そんな氣がして身震いがした。

そこから、着る服を選ぶ時に、主体性を持って「選ぶ」という意識を持つようになった。

すると、洋服よりも和服(作務衣)を着てる時の方が、自分らしくいられるような感覚があった。

それは、洋服を着ることで押し殺していた自分が解放される感覚。

そして、靴もそう。
なぜ靴を履くのか?

・・・

理由もなく、靴を履いていたことに氣付いた。
そこにも主体性はない。

だから、最近ペタペタと雪駄を履いて出かけることが多くなった。なぜならそっちの方が自分らしくいられる感覚があるから。
別にみんなで和服を着よう!とは言わないけど、

せめて「なぜ洋服を着ているのか?」という疑問に明確に答えられるように在りたいと感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です